読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lambdaカクテル

ソフトウェア開発者です.玉石混淆です.

日記

つながりの普及で暮らしから隙間が奪われていく。まとまった5分さえも内省のためには捻出させない。絶え間ない通知の嵐が心の機微を平らにする。孤独と交流は互いに補うべきものであるのに、世の中は神聖な孤独を許さなくなってきている。

ときおり笑顔を忘れる自分に気付く。一人で笑顔を保つことは難しい。難しい設計に取り組んでいる時や疲れているときは特にそうで、苦しみの形相をしている。自分を伸ばすために自分を叱ることにしていたせいかもしれない。叱りすぎるといけない。自分に優しい自分を心掛けたい。そしてたまには厳しくありたい。

世界を埋めているもの: 具体的な人やモノが動くときそこに本質の有り様が表れるように見えがちだが、その隙間に息づく市井の人々の物語、まさに隙間があってこそ社会は機構として驀進していく……