読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lambdaカクテル

DESCRIBING: Scala, Akka, P2P, Scheme, Political sth., etc.

日記

日記

朝九時半。息を弾ませ自転車とともに朝の風になっていると、車の脇にひらひらしたものがくっついているのが目に留まる。日章旗だ。今日は何か目出度い事があったのだろうか。好天とあいまって気を良くしつつ自転車をせっせと漕ぎ続けてからようやく、おめでたいのは自分の頭であった事に戦慄し、世界が違って見えた。先ほどまでの余裕は心の中にはもう無かった。私はおまけの一日を誰かに与えられたような気持ちになった。

休日なのに出勤した馬鹿はあたしです!

T6N

書店に行った

サルトル『嘔吐』が読みたくなったので、アホをやったついでに職場近くの書店でそれを探しつつその日の事も考える事にした。

その日の事を何一つ考える暇もなく、本は無い事とわかった。欲しくてたまらないときもあれば、顔も見たくないときもある、それが書店の検索システムだなあ……*1

カーテン買った

ヨドバシの上階にはニトリがあって、ちょっとしたものならそこで揃えられる。今回はカーテンがそれだった。本当は掃除機を買いに来たが、あんまり高いので気持ちが萎えてしまった。それほど使わないくせに金がかかるのだからたまらない。

嵐山へ

どこか静かな庭で過ごそうと思い、嵐山へ自転車で向かった。少し大変だったけれど、楽しかった。

写真載せたいけどうまく載せられないのであとで。

気持ちを切り替える

さっきまではあれをやっていたけど、今からはこれをやるぞ!というスイッチを動かす必要性を感じてる。メリハリがなくなってつまんなくなってしまうから。やりたい事をやらなくなってしまうから。やるためには、さっぱり忘れて切り替える事が必要なのだろうなーとぼんやりと夢想。

集中力

集中力ってなんだろーと思っていた。気が散らなければ集中力になる。つまり、何かを考えている時にみっちり考えていれば、集中できる。論理展開を鍛えて間髪入れずに思考パターンを展開すれば、集中が途切れることはないのでは。なんてことをぼーっと考えてた。無限の可能性を感じるぜよ。

*1:米原万里の本曰く、通訳がそのような存在だそうで、売春婦みたいだ、とのこと