Lambdaカクテル

ソフトウェア開発者です.玉石混淆です.

メモに関するメモ

僕は忘れっぽい。
ということは、何か重要な事を覚えておいても、時にそれをすっかり忘却してしまう(マーフィの法則)から、この貧弱な記憶を補佐する策をかんがえなくてはならない。
そこで僕は、メモ帳を活用している。
基本的に、なんでも書き込む。
今晩のご飯の献立、不定期な日記、大学の課題、時間割、「あとでこれをググる」とか。
これと同じ事は、iPhoneのようなスマホから可能なのだけれど、僕はメモ帳を使い続けている。
これには理由がいくつかあって、

  • 直ぐに書けるから
  • 破くことができるから
  • 人目をきにせず使えるから

というもの。
特に「人目をきにせず使えるから」は重要で、例えば大学で講義なんかを受けているとき、スマホをちゃかぽこと弾くのはあまり見栄えがしないらしく、まるで僕がサボっているみたいに見えるらしい。つまりスマホの類はいい歳の大人には遊び道具のように映っているようだ。
メモ帳で何かを書いても、見咎められることはほぼない。
ただ、筆記具が必要という点では、メモ帳はスマホに劣っている。
こればかりは仕方がないから、ボールペンをポケットに忍ばせる事が普通になった。

そして僕はそのボールペンを無くしてしまったから、
ボールペンを買う旨をスマホに打ち込んでいる。

written by iHatenaSync