読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lambdaカクテル

DESCRIBING: Scala, Akka, P2P, Scheme, Political sth., etc.

DVORAK配列にチャレンジ

このあいだ会社で話していたら,DVORAK配列をつかっているというので僕もチャレンジしてみた.この文章も,DVORAKで入力している.

僕はもともとQWERTYSKKAZIKという入力メソッドを使う平均的ユーザだったが,DVORAKにもACTという拡張があると聞いて安心した.

Mac OSでは,AquaSKKという入力メソッドを導入することでSKKが使える.その設定でDVORAK配列を指定してACTモードにする.

今のところとても不便というわけでもなくて,キーマップを見ていればそこそこの速度で入力できる.指があまり動かない(ような気がする)ので期待する.

問題はEmacsキーバインドで,無意識に体になじんでいそうなので今後困るかもしれない.

エンジニア立ち振舞い

エンジニア

お題「エンジニア立ち居振舞い」

新人エンジニアなりにやっていること.うーんあんまりないかも?

エディタのカスタマイズにこだわる

僕はEmacsを使っているけれど,設定ファイルのでかさが相当なものになっていて,init.elを使って管理するまでになっている. でもエディタは仕事道具なので,どんどん使いこなせるようになりたいという思いから,カスタマイズしまくっている.

ちょっと困ったことがあったらすぐに記録する

前項にも関連することだけれど,ちょっとイラっとしたらそれを記録して,次からは楽になるように後から調べるということをやっている. イラっとしなくても,できないこと,こうなったらいいのに,みたいな事も記録して調べて導入したり実践したりする. 業務中はSlackの分報チャネルに逐一書き込んでいる.そんで,定時後とかに調べて,解決できるようにしている. このサイクルをガンガン回していくとどんどんわかってくる.

Emacsだと,新たなプラグインに出会うことがあって,どんどん使えるようになっていくのが嬉しい.

とにかく手で触ってみる

触ってちょっと苦しむと覚えるというのが,僕が経験的に得た知識.ちょっとredisを使ったオモチャを自分で作ったことがあったけど,そのおかげで基本的には使えるようになった.でも触るだけではだめで,触って何かを作ったほうがよい.電子工作はこの目的に結構かなっていると思う.

本当に身につけたい技術は、コードを自ら書き、手を動かして学ぶ

-- 『プログラマが知るべき97のこと』

プログラマが知るべき97のこと

プログラマが知るべき97のこと

余談だけど,この書籍の中身が勝手に全文公開されていてひどいと思う.原著はCCで公開されているけれど,訳書の版権は存在するはず.

こちらも

blog.sushi.money

日記

日記

朝九時半。息を弾ませ自転車とともに朝の風になっていると、車の脇にひらひらしたものがくっついているのが目に留まる。日章旗だ。今日は何か目出度い事があったのだろうか。好天とあいまって気を良くしつつ自転車をせっせと漕ぎ続けてからようやく、おめでたいのは自分の頭であった事に戦慄し、世界が違って見えた。先ほどまでの余裕は心の中にはもう無かった。私はおまけの一日を誰かに与えられたような気持ちになった。

休日なのに出勤した馬鹿はあたしです!

T6N

書店に行った

サルトル『嘔吐』が読みたくなったので、アホをやったついでに職場近くの書店でそれを探しつつその日の事も考える事にした。

その日の事を何一つ考える暇もなく、本は無い事とわかった。欲しくてたまらないときもあれば、顔も見たくないときもある、それが書店の検索システムだなあ……*1

カーテン買った

ヨドバシの上階にはニトリがあって、ちょっとしたものならそこで揃えられる。今回はカーテンがそれだった。本当は掃除機を買いに来たが、あんまり高いので気持ちが萎えてしまった。それほど使わないくせに金がかかるのだからたまらない。

嵐山へ

どこか静かな庭で過ごそうと思い、嵐山へ自転車で向かった。少し大変だったけれど、楽しかった。

写真載せたいけどうまく載せられないのであとで。

気持ちを切り替える

さっきまではあれをやっていたけど、今からはこれをやるぞ!というスイッチを動かす必要性を感じてる。メリハリがなくなってつまんなくなってしまうから。やりたい事をやらなくなってしまうから。やるためには、さっぱり忘れて切り替える事が必要なのだろうなーとぼんやりと夢想。

集中力

集中力ってなんだろーと思っていた。気が散らなければ集中力になる。つまり、何かを考えている時にみっちり考えていれば、集中できる。論理展開を鍛えて間髪入れずに思考パターンを展開すれば、集中が途切れることはないのでは。なんてことをぼーっと考えてた。無限の可能性を感じるぜよ。

*1:米原万里の本曰く、通訳がそのような存在だそうで、売春婦みたいだ、とのこと

日記

日記

もう半袖じゃいられないんだね……俺たち……

T6N

YAGNI原則

You Ain't Gonna Need It: 多分要らんでしょ、という意味。今必要ない機能を推測で作るべきではない。今やれることをすぐやるのが大事だ、という警句。よく破ってしまうので、要らないものは作らない、抽象化をやりすぎないことを気に留めておきたい。

すこし掃除した

なんとなく部屋を掃除してゴミを捨てた。すこし気持ちが良くなった。

洗濯多かった

洗濯物がたまっていて乾燥できるか心配だったけれど、無事うまくいってほっとした。

カレーラーメン

とある店でカレーラーメンを食べた。めちゃくちゃ熱いのが猫舌には不利になる。熱いおまんまとは一対一の勝負、刺すか刺されるかの全力対決が必要なんだよ……

睡眠

うまく行きつつある予感を感じる(あくまで予感)

テアニンのサプリが無くなったので大きいサイズを買い足した。

調子

カレーラーメン食べたらなんか気分が良くなった。朝はやたら眠かった。ぼくがずっとツイッターとかでフォローしてる人って、みんなネットでも優しくて誠実なんだよなぁと思った。現実にも優しいんだろうな〜と推測した。信じれば救われるので信じておきたい。

日記

日記

デデキント切断、エモいな……

T6N

電子工作うまくいかない

PythonからPerlスクリプトを呼び出そうとして失敗。local::lib慣れしてなくてむつかしい。シェルスクリプトにしたら良かったかも。

本読まなかった

ブログ書いてたら時間無くなった。 レンガ本(TaPL)読みたい。数学ガール読みたい。考える技術書く技術も。怒りの葡萄も。

型システム入門 −プログラミング言語と型の理論−

型システム入門 −プログラミング言語と型の理論−

  • 作者: Benjamin C. Pierce,住井英二郎,遠藤侑介,酒井政裕,今井敬吾,黒木裕介,今井宜洋,才川隆文,今井健男
  • 出版社/メーカー: オーム社
  • 発売日: 2013/03/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 68回
  • この商品を含むブログ (11件) を見る

あーオブジェクト指向入門も読みたい(あんまり読みたくない)

チームワーク難しい

エンジニア・デザイナー・プロダクトマネージャーとで製品(つまりコード)をやりとりするのは難しいと思った。変更がぶつかったり、認識が違ったり。でも変更がぶつかったのを直すのは割と好き。(雨の日は好き、みたいな温度感)

ほか

仕事の振り返りあまりできてない気がする。見逃したり忘れたりしてもったいねー、ということがないか気になる。自分は怠惰だし。

じゃあね〜ピロシキ〜💪

20XX年,ネットは免許制になり,実名制になり,税金が取られるようになる(かも)

考察

まずはこれを.

blog.jnito.com

息子さんがYoutuberの動画を真似したら,事故一歩手前まで接近してしまったということだ. はてブも500を越えており,事故を起こしやすい時代への危機感を表明する声や,Youtuberに責任感を求める声が挙がっているように見受けられた. 僕は,この記事を読んで疑問が浮かんだ.これからどうなるのだろう,これからどうしたらよいのだろう,と.

ネットは自動車と同じ運命を辿るか


SaltInWaterSolutionLiquid.jpg
By Chris 73 / Wikimedia Commons, CC BY-SA 3.0, Link


スマホが登場してからというもの,ネットにまったく触れずに過ごした日が何日あるだろうか. ネットはもはや文明的インフラの一部と化していて,嘘を嘘と見抜けない人もネットに頼っていくしかないほどネットは浸透している. その危なっかしさがいくら深刻でも,この流れにはもはや抗うことはできないだろう. ネットは既に社会という水溶液に溶けてしまったので,社会はそれを前提として反応していくのみで,一度雑ざったものを掬って捨てることはできないからだ.人々は,ネットを受け入れてみずからが変容していくしかないわけだ.

ネットは社会を大きく変えてしまう劇薬であった.同じような運命をたどった物質に,自動車というものがある. 自動車も事故を起こし,人を死に至らしめ,無責任な運転が糾弾され,賛否の声を浴びながら社会を支えてきた. 自動車は今どうなっている?免許が無ければ乗れなくなった.個人が特定できるようになった*1.税金が課せられた.そして,自動化が目前に迫っている.そう遠くない未来に,ネットも同じ帰趨を迎えるだろう.

そもそも国家の手によって自動車に制約が課せられたのは,自動車が必要だったからである. 日本で初めて自動車免許が導入されたのは,日露戦争開戦の前年にあたる1903年で,富国強兵の時代だ. 日本が発展し時代に取り残されないためには,どうしても自動車は必要であった. 使わざるをえないから,未熟な人間が事故を起こさぬように免許制になったのだ.

とほうもなく大きく精緻な硝子細工

現代の経済や政治は,ネットが決定的な役割を果たしている.ネットを使っていかなければ競合他社に,他国に,出し抜かれて敗北してしまう. ネットがただの技術ではなく,競争の道具となったことで,ネットは個人や企業をより密接に結び付けたのだ. だがしかし,密接ということは強固ということを必ずしも意味しない.社会は強固にではなく,より精緻になったのだ.

自動車の例を思い出してほしい.もし大災害で日本列島間の陸路がいくつか寸断されたら,その向こうは何日間持つだろうか? ひょっとしたら数日ももたないかもしれない.既に社会は自動車を使った陸運によって物資輸送が効率化されているので,もはやそれ抜きでは維持できなくなっているのだ.効率化とはものに割り当てるリソースを省いて別のものに割り当てることにほかならない. そのような効率化が行われた状況下では,ささいな打撃を加えただけで社会は瓦解してしまうのだ. 現代社会は,きわめて微妙なバランスの上に成立している,生きた硝子細工だ. そして野放図な自動車の運用は硝子細工にいともたやすく打撃を加えてしまう. だから免許があるし,責任を問うためのナンバープレートがあるし,その費用を支える税金がある.

ネットが溶け込んだ社会のこれから

自動車と同じように,ネットは社会にどんどん依存されていくだろう.気付いた時にはネット抜きで社会が維持できなくなっている. そのような精緻を極める現代社会において,ネットも硝子細工の一角を成していると皆も気付いているはずだ. 震災時のデマは簡単に人々を混乱に陥れたし,ネットで誹謗中傷を受けた人間が自殺したこともあったし,どこかに書き込まれたヘイトスピーチが深刻な憎悪を生み出している.今ですらそうなのだ.これからのIoT(モノのインターネット)の発展は,社会のネットへの依存傾向に拍車をかけることになるだろう.だから免許が生まれ,責任を問うために実名制になり,料金に税金が上乗せされるようになるのではないかと僕は思っている.


Internet Connectivity An Overview.svg
By User:Ludovic.ferre - Internet_Connectivity_Overview.svg, CC BY-SA 3.0, Link

インターネットの接続図


だが全く自動車と同じようになるとも思っていない.ネットには自動車にはない特性があるし,自動車もさもありなん. ネットはより多彩な変容を遂げ,社会に溶けこみ続けるだろう.そうなった時に社会がそれをどのように受容し,依存し,共存していくか,これから楽しみだ.

*1:ナンバープレート