読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lambdaカクテル

DESCRIBING: Scala, Akka, P2P, Scheme, Political sth., etc.

日記

体調が悪い

朝起きれなかったがそれなりに仕事は進んだような気がする、まともな生活がしたい。とにかく起きれなくて人に迷惑がかかるのが辛いが起きれないので仕方ないね

寝て起きるだけなのになーという気持ち。

なんかストレスが溜まってるような気がして少しアルコールを採ったが悪手かもしれない。

とにかく精神健康が不健康でよろしくない。うおーうおー

写真は休みに友達に連れてってもらった長門峡。素敵なところを教えてくれてありがとう。

もっと素敵な光景が見られるのだけれど、見とれていたので写真がこれしかなかった。

日記

最近日記が雑で困るが、誰も読まんから困ってないともいえる

部屋を片付けた。それだけなのに気持ちが楽になるから不思議。快適。

すっきりした部屋は何かを着せてあげたくなる。楽しくなるような柄のカーテンやソファーカバーを買いたくなる。まだ住環境への意欲が死んでいなかったことに安堵。

帰ってすぐにお風呂に入ると時間ができてハッピーめるくんポイントが1上がった。

シャンプーを買った。シャンプーはなかなか無くならない一方、わざわざ暖簾をくぐった先の店に欲しいのが置いてない事もしばしばで、車かよという気持ちになる。しかし通販して重い液体を配達人に運ばせるのは無駄な気がするので、まあ良いかと不安ながらも知らないシャンプーに手を出して、失敗するのだ。

ちなみに当初買いたかった電池、帰宅してから気付いた。エネループと結婚したいのだが、毎度ペイせず失くすので消費社会について考えている。電池切れるやん?買い忘れるやん?人が切れるやん?

音楽のジャケットを並べて遠くから眺めてみた、なんだか不健康にも赤黒い、なるほどどんな音楽を聴いてるかすぐわかる

ふとELT聴いたら、合致して合意した。

最近どうやっても日を跨ぐまでは寝れなくて、しかし朝は眠たくて、不便な生き物だ(あるいは不便な社会だ)と思った。もう最近はそんなもんだと受け入れているが、玉のようなボーイであった時にはそんな事はなかったのは何故なのか(あるいは今こういうリズムが抜けないのは何故なのか)という疑問もあるわけだ

物はあるだけで人に必要とされ愛されるのに、人はがんばって与えないと対等にならないのが不思議で、物は最初から何もしなくても上位にあるんだなあという不思議めるくんポイント+1、盆栽とかドールとか黙ってるだけでおめかししてもらえてズルいという不満がある、盆栽やドールになりたい

#女性映画が日本に来るとこうなる を見るにつけて

女性が主人公の映画が日本に配給されると広告の内容がなんでも花とか感動とか恋とかで書き換えられて、つまり換骨奪胎されて、意図を歪めてしまう(本来は戦う女性を描いた骨太な作品だったり、恋愛が本質ではなかったりする)、という話がツイッターで盛り上がっていた。

#女性映画が日本に来るとこうなる

そういう女性のイメージが、息を潜めつつ社会によって求められているのかな〜と思ったりした。歪めた広告になるのは、それが売れるからに決まっていて、何も考えずに歪めるほど配給会社はバカではないはずだから。(ああいった広告は誰がどう関わって最終的に映画館の壁に貼られるのだろう。)

真剣な作品は求められていないと読み取っても良いかもしれない。映画は所詮は娯楽という受け取られ方をしていて、それを邪魔する要素は見たくないという思いが基底にあるのかもしれない。もしくは映像作品として映画を見る考えがそもそもないのかもしれない。これは映画文化の問題で、配給会社と広告代理店は勘違いしたバカどもだなアハハで片付けるのはもったいない。

理由を考えてみたら、そもそも日本の映画チケットは高いようです。「日本 海外 映画 料金」とかでググると、日本は高すぎる、みたいな話で持ちきりになっている。 値段が高いとハズレを引きたくないお客が来なくなるので、とにかく客が来そうな安パイな広告が打たれる、と考えられそう。

じゃあなんで値段が高いかというと、値下げしてもそんなに客が増えない(価格弾力性が低い)からなのか、などと考えたりしました。

日記

日記

割と寝起きが良かった。今日も1日良い日でありますように!がんばるぞい!と心の中に唱える余裕があった。

仕事も割と進んで良かった。

ちょっとくたびれ気味?で本は読まなかった。マリみてを持ち帰りたい。デザインの本も読みたい。とにかく続けるのが大事そうだが、意志薄弱なので困る。お茶しながら会社で読むのも良さそう。

仕事で何かあるとすぐ相談してなんとかしてしまうので、自分で考えて行動するのは難しいと思った。場数を踏んだらなんとかなるような気もする。

睡眠に関する新たな発見: なんか不安になってくることがあるが、「これは無根拠」と自覚し、「無根拠な心配に惑わされるだけ無駄なので安心して良い」と自分に言い聞かせることで睡眠までの時間が短くなるようだ。

東京ゲームショウに行く飛行機の席を買った。そこから地元までの道のりはまだ買ってないので、買いたい。休みを取る入力もしないと。

日記

日記

TL;DR

  • オンとオフを切り替えられれば生活のメリハリができるはずだがオフが無いので完全なるオフを追求していきたい
  • いまツイッターやゲーム(寝不足のもと!)が受け持っている役割をそのオフに与えたい

本編

だらーっとかくよ

朝はなかなか起きられなくてしんどかった。寝起きが悪いと急いで会社に行かないと間に合わないから、心のあそびが無い。それが毎日続くのは良くないと思う。

今日は仕事が捗ったように思うので少し誇らしい。これも沢山ケアしてもらっているおかげだと思う。ケアの効果を最大限に引き出したい。

定時後、会社の人たちが『響け!ユーフォニアム』の映画を見ていたけれど、ユーフォは青春が眩しすぎてお腹が痛くなるので僕は見なかった。何歳やねん。

代わりに他の先輩とご飯に行って、なんかの経験値が貯まった。会話をするという行為を普通のひとと比べてあまりしないので、会話のデッキが貧弱になっている。

口内炎が治らない。土日の間に野菜をサボっていたらあっという間になった。野菜ジュースを絆創膏代わりに飲んでいて、まあ気休め程度にはなっているかもしれない。

とにかく寝起きが悪い。呻きながら起床する。2時より向こうで寝てるので無理もないと思う。帰宅は8時とかになるので、パソコンつけてゲームして風呂入ったらそのくらいになってしまう。

パソコンをつけたらサーバをいじったりコードを書いていることもあるけど、大抵ツイッターかゲームなので比較的無益。それぞれの機能を別のところに担当させたら時間を稼げそう。

ツイッターは情報が欲しかったり友達と関わりたかったりで、ゲームは不安を紛らわせるためにやる酒というポジションになっている。Skypeしながらゲームすることもあって、それで旧友と話している。

あまり家でもガンガン仕事のことを気にして勉強するのは自由人らしからぬ行いだと感じるけど勉強はしないと死んでしまう。僕は自由である自覚を持っていれば責め苦にも耐えられる。何かをせざるをえないという状況がなんとなく嫌い。社会人失格じゃん。

なんでかというと、大学生の初め頃、暑い中スーツで就活している学生を見ながら、あまりに尊厳が無い、奴隷が自分という商品の営業をしている、と哀れに思ったので、がむしゃらなスタイルには抵抗感を持つようになった。また、それを褒めそやす社会の風を憎んだ。僕は十分に捻くれていて、農耕社会では生きていけない。

オンとオフのスイッチをパチンと変えられたらより良く生きていけそうなのだが、勉強やサーバいじるのはオンモードになってしまう。オフが無いので、分けて頑張れないんだなあ。完全なるオフを追求していきたい

id:tomomiiさんが星を見て1日を振り返っているという話をされていたので日記で振り返ってみた。

続きを考えて欲しい

床に塗った滑り止めの臭いが充満する中、女子高生酒蒸銀杏子は警察署の一室に拘留されていた。そう、彼女こそが時の人、握手した人の手を握り寿司に変えてしまう怪現象を引き起こした張本人なのであった。人々の手が次々と寿司に変えられていく中ようやく彼女を拘留した警察官たちは、手の寿司化をおそれて彼女に取り調べもおぼつかない。拘留期限が迫る中、ある一人の若手巡査が握り寿司対策を考え付く。その内容とは……。

知ってるか ペンペン草の生みの名を

踏んだあいつの 胸の火を